注目
ゲーム
コミック
おすすめ
DVD
フィギュア

他ブログピックアップ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中学生達が頑張って募金で集めた1000万円が全額日本ユニセフに寄付

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/04/19(金) 11:31:16.18 ID:WOgMIgGM0
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2013041990111509.html

東京都立川市立立川第七中学校(西砂町)の生徒たちが7年前から続けている街頭募金の総額が、
先月末で目標の1000万円に達した。
募金はすべて、貧困に苦しむ子どもたちを支援する日本ユニセフ協会に寄付している。
見守ってきた教員たちは「中学生が努力を積み重ね、ここまでやり遂げられた」と喜んでいる。

募金活動に当初から携わっている佐藤佐知典教諭によると、募金活動は教員たちが
「やんちゃな子どもに、ボランティア活動をやらせてみよう」と考え、2005年度に始まった。
その後、生徒会が企画するように。2009年度、募金の総計が500万円を超えたことから、
新たに1000万円を目標にした。

募金活動は、年末や春休みを中心に年に五回程度実施。年間延べ100人から200人の生徒が参加し、
東京駅や上野駅など都心のターミナル駅や地元の立川駅などで行っている。

1回の活動時間は4時間程度。寒い時期でも、募金箱を抱えて大きな声を上げ、通行人に呼び掛ける。
中には「偽の募金ではないのか」「こんなことに意味があるのか」といった心無い言葉をぶつけられることもあったという。
2008年のリーマン・ショック以降、人々の財布のひもが固くなり、思うようにお金が集まらなかった。

それでも、募金を通じて多くの人の善意に触れる体験が生徒たちを支えた。財布の中の硬貨を
全部出してくれる人や「毎年頑張っているね」と、激励してくれる人も。
参加した生徒は口々に「達成感があった」「募金してくれた人へお礼の言葉が口に出ていた」と振り返る。

募金活動に4回参加したという生徒会長で4年生の中村佳乃子さん(14)は「最初は恥ずかしかったが、
お金を出してくれる人の励ましの言葉がうれしかった。小銭の重みを知って、
無駄遣いをしないようになった」と手応えを感じていた。

佐藤教諭は「生徒たちの頑張りで一つの区切りを迎えることができた。今後も続けたい」と話した。








7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/04/19(金) 11:33:30.48 ID:kDdCf/RzT
もうこういうの見るとNPOのデブ代表が豪遊して使い果たしたのしか浮かんでこないwww









RG 1/144 ZGMF-X42S デスティニーガンダム (機動戦士ガンダムSEED DESTINY)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

むきおか

Author:むきおか
短レスがメインで、後はつまみ食いします。

>> 当ブログについて

スポンサードリンク
アクセスカウンター
ソーシャルブックマーク
twitter
更新したらつぶやきます。
RSSリンクの表示
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
アンテナサイト
逆アクセスランキング
構成パーツ
フィードメーター - チャットじゃ無口なエロ男のブログ
人気記事
ブログパーツ
matome 2ch
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。